被写体いっぱい初夏のナズマド

水温:19~20℃ 透視度:20~30m 気温:20℃ 南西の風 くもり

 

ポイント:ナズマド

 

ドライスーツ

 

みなさんこんばんはッ!

 

なかなか潮が止まりませんね~。今日もなかなかの潮でした。

八丈島はちょうど黒潮の縁にあるのかもしれません。水温も不安定。

 

ユウゼン玉情報もあったのですが、今日は当たりませんでした。

でもスズメダイたちの産卵行動も盛んなので近いうちに大玉が見れると思いますよ!

 

今日はマクロに徹しました。

クビアカハゼやハタタテハゼは寄らせてくれる個体が多くてうれしいです!

ストロボ炊くとクビアカハゼってこんなにきれいだっけ?といつも驚かされます。

 

幼魚系も増えてスミツキベラやカンムリベラもよく見かけるようになってきました。

 

友人ガイドが綺麗なジャパニーズピグミーシーホースを教えてくれたのですが、撮る前に見失っちゃいました・・。無念。

 

その上チビハナダイを撮って、帰ってから再生すると、今までなかなか撮影チャンスのないムラサキゼブラヤドカリを踏んづけてる~・・。こっちを撮りたかったな・・。

 

とまぁ、色々な意味で不完全燃焼でした。

 

明日は南西ですが弱そうなのでナズマドもってくれそうです。

また行ってみるかぁ。。